2008年05月01日

食べたくて、食べたくて

akikawa1.jpg

写真は、「秋川牧園」の本社の看板
秋川牧園は、山口県山口市に本社を置く農業と産直組織の会社です。
「食はいのちの根源」という理念のもと、有機塩素系農薬など特に危険をはらむ農業の改善にいち早く着手し、食の安全を確立するため、技術開発に力を注いできました。

その結果、採卵鶏と若どりの全飼育期間完全無投薬飼育の確立や、ポストハーベスト無農薬(PHF)コーンの開発が成功しており、これらが信用の源となっています。

最近マスコミでも話題になるこの会社に仕事を兼ねて訪問してみました。
爺は食べ物にうるさいのでこの会社のことは良く知っていました。

なんと言ってもこの会社実は、農業で初めて株式公開を果たした会社なのです(ジャスダック市場、証券コード1380水産・農林の欄に当社の株価が掲載されています。 )
爺はこれからの農業は企業体として、しかも秋川牧園が目指す「家族経営」を理想として、行っていくべきだと考えています。

現在のように製造と販売が隔離して、食の安全において、その責任が明確にされないことは、組織としての在り方に問題があると考えています。

さらに難しい話は後日素面の時に・・・・・・・。


残念ながら連休のはざまで担当者に会えませんでしたが、おいしい牛乳を飲んで帰りました。


残り少ない人生
食にはこだわって生きたいものです。







posted by 竹爺 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。